ピロリ菌

乳酸菌が死んでしまう事について

乳酸菌入り食品を選ぶ際に、生きたまま腸に届く乳酸菌という商品を目にすることがあるのではないでしょうか。
実際に人間の胃酸、胆汁に弱く、それによって腸に届く前に死んでしまう乳酸菌も多いという事は事実です。
それでは死んでしまった菌は全く意味がないのかというとそうではありません。
近年行われた実験・研究では乳酸菌が死んでも効果があるという事は報告されています。

もちろん生きて腸まで届くことが出来れば、乳酸菌は増殖し、より腸内環境改善の効果が期待できますが、免疫力を高める効果、身体に有用な成分は、乳酸菌の成分そのものにあるので、死んでしまった乳酸菌にも効果は期待できます。

ただ、人の腸内環境は、その人の食生活、生活習慣によって変わってきますし、腸内に保有する雑菌の量も違うので、実際の効果は人によって変わってくるのではないのでしょうか。
乳酸菌が死んでいても生きていても効果があるのであれば、乳酸菌の含有量、種類に着目して商品を選び、試すことでご自身にあった商品を見つけてみてはいかがでしょうか。
そして、継続して摂取することで乳酸菌が腸内環境の改善を促してくれるので、毎日欠かさず摂取することが大切であると言われています。



このページの先頭へ