ピロリ菌

乳酸菌でピロリ菌を対応

ピロリ菌とは人間の胃腸に住み着き、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の原因とも言われております。
実は日本人の約半数以上の人がピロリ菌に感染していることが報告されております。
このピロリ菌は、しぶとく胃酸にも強く一度感染してしまうとなかなか死滅してくれません。
そんな酸に強いピロリ菌もある特定の乳酸菌が有効であることが報告されています。

乳酸菌は現在発見されているだけでも数百種類あり、それぞれの効能や役割は違います。
その中でもラクトバシルス属に分類されるLG21という乳酸菌は、ピロリ菌を死滅させる乳酸を出すという特徴があります。
もちろんこのLG21が含まれた乳酸菌食品は既に商品化されているので、お手軽に購入することが可能です。

もちろん、ピロリ菌は薬で駆除することも可能ですが、副作用で下痢を引き起こすリスクもありますし、胃潰瘍を併発していれば、治療費もかさみますし、薬で100%除去できるという訳ではありません。
また近年の研究ではピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気だけでなく、胃がんを引き起こすリスクも含んでいると言われております。
こうした背景からピロリ菌を除去できる乳酸菌LG21の含まれた乳酸菌食品が今注目を集めています。


このページの先頭へ