ピロリ菌

子供に欠かせない乳酸菌

実は子供の腸内は、大人よりもきれいな状態にあり善玉菌が優位に働いています。
特に赤ちゃんの腸内細菌はほぼビフィズス菌であるとも言われています。
このように大人とは腸内環境が明らかに違うので特に乳酸菌食品を与える必要はないと考えられるかもしれませんが、免疫力を高める効果や、アレルギーやアトピー性皮膚炎の改善http://www.ciao-surveys.jp/atopi.htmlもみられる事が報告されていますので子供にも乳酸菌が効果的であるという事がわかります。

もちろん大人と胃腸の大きさは明らかに違いますので、乳酸菌の含有量を調整した子供用の乳酸菌食品を与えることが推奨されます。
子供用乳酸菌食品は多く発売されているので、スーパーなどでもお手軽に購入することが可能です。
通常の乳酸菌食品を大人と同等に与える場合は、メーカーの相談室に問い合わせをしたり、公式ホームページを見てみたりしてみましょう。
そして過度に乳酸菌食品や飲料を子供に与えることは、腹痛、下痢の原因になりかねませんし、カロリーオーバーで肥満のもとになるので気をつけなければいけません。
また、近年は食品アレルギー体質の子供が増えてきているので、食品アレルギーの有無も気をつけて乳酸菌食品http://www.michaelzaw.com/n_004.htmlや飲料を選ばなければいけません。



このページの先頭へ