ピロリ菌

生きて腸に届く乳酸菌に関して

乳酸菌入り食品を見ていると『生きたまま腸に届く乳酸菌』というキャッチフレーズの商品を目にすることがありますが、どのような効果をもたらすのでしょうか。
実は乳酸菌には数百種を超える種類があり、摂取をして腸内に生きた状態で届くもの、死滅してしまうものがあります。
つまり乳酸菌の種によっては人間の胃酸や胆汁に弱いものもいるということです。
生きたまま腸内に届く乳酸菌は、腸内でぶどう糖などを分解して、乳酸を生み出し増殖していき、乳酸が生み出されることで腸内が酸性化し、雑菌を死滅させ、繁殖を防ぐ効果があると言われております。

先に述べたようにほとんどの乳酸菌は人間の胃酸や胆汁に弱く、腸内に届く前に死んでしまうのですが、商品によってはカプセルコーティングし確実に腸内に届くように開発された商品も存在します。
ただ薬のように即効性やその場限りの摂取では腸内環境は改善されないですし、腸内の乳酸菌は日々排出されるので日々欠かさず継続して摂取することが大切なのではないでしょうか。

もちろん合う合わないというのは千差万別、人それぞれなので様々な乳酸菌が含まれた食品を試し、ご自身に合う乳酸菌入り食品を選んでいくことも必要なことではないでしょうか。


このページの先頭へ