ピロリ菌

おなかの機能を支える乳酸菌

乳酸菌とは、主に食品を発酵させることに利用され、古くから私たちの食文化の発展に大きく貢献している細菌類の一種で、納豆やみそ、ヨーグルトやチーズなど普段私たちが口二する食品に多く含まれています。
では、この乳酸菌がなぜこれほど注目されているかというと、乳酸菌を含んだ食品を摂取するとこれらが腸内に留まり、他の病原菌を死滅させ腸内活動を活発化http://乳酸菌.biz/させる効果があることが分かっているからです。

では、なぜ便通が良くないと肌トラブルを起こしてしまうのかというと、便秘が続くと腸内に便がたまり腐敗が進むことで悪玉菌が増殖し、結果有害物質が発生し腸内から血液に溶け込み、この毒素が肌トラブルを起こしてしまうのです。
もちろん便通が良くなれば毒素は発生しませんし、ニキビ、肌荒れも起こりにくくなりますので、乳酸菌は女性にとっては大変ありがたい効果が期待できます。

このように腸と肌は密接な関係があり、乳酸菌はその腸内の環境を改善するのには、非常に効果的な生物だと言えます。
腸内環境を改善するうえで毎日、乳酸菌の含まれた食品を食べることは重要ですが、ただやみくもに過剰摂取をしてしまうと、逆に下痢を引き起こしてしまうので注意が必要です。




このページの先頭へ